沖縄助成金、労務トラブル、労務管理、就業規則作成のことなら

労務管理は負け裁判に学べ! なぜ負けたのか?どうすれば勝てたのか?

キャリアアップ助成金(正規雇用等転換)

<正規雇用等転換コース>

正社員登用制度を策定し、正社員に登用したした場合などに支給(20~40(50)万円/人)

<支給額>

(1)有期労働から正規雇用への転換  40万円 (30万円)
                  50万円 (40万円) H28年3月までの転換

(2)有期労働から無期雇用への転換  20万円 (15万円)

(3)無期労働から正規雇用への転換  20万円 (15万円)
                   30万円 (25万円) H28年3月までの転換


※( )内の数字は、大企業の額です。

※ 対象者が母子家庭の母、父子家庭の父などの場合、1人当たり(1)10万円 (2)5万円 (3)5万円 が加算されます。

※ 派遣労働者を正規雇用労働者として直接雇用した場合、1人当たり10万円を加算します。

※ 1年度1事業所あたり10人までが上限です。(平成28年3月31日までは15人が上限。)

(加算額は中小企業・大企業ともに同額です)


<堀下のコメント>

パートタイム・アルバイト・契約社員といった非正規社員を正社員にしてください。
お願いします。という助成金です。

6カ月以上の契約社員を正社員にして6カ月すると申請できます。

もちろん、就業規則に正社員転換の規定を入れなければなりません。
(この規定がうまくできずに不支給になった例があります)

平成28年3月までは、支給額が増額されています。

例えば、中小企業が利用する場合には下記が上限となります。

50万円×15人=750万円

数百人規模の企業の場合、既に定期的に正社員に転換している場合があります。

弊事務所の顧問先も大規模の企業ではほぼもれなく活用しているといっても過言ではありません。

就業規則の規定や残業代の支払い、社会保険の加入など労務管理の当たり前のことをきちんと整備していれば、社労士に任せて、粛々と受給できる助成金と考えています。