沖縄助成金、労務トラブル、労務管理、就業規則作成のことなら

労務管理は負け裁判に学べ! なぜ負けたのか?どうすれば勝てたのか?

キャリアアップ助成金(人材育成)

人材育成コース

有期契約労働者等にOFF-JT又は有期実習型訓練(「ジョブ・カード」を活用したOFF-JTとOJTを組み合わせた3~6ヶ月の職業訓練)を行った場合に助成

<支給額>


OFF-JT   賃金助成     1時間あたり800円(500円)
       
      訓練経費助成   実費相当額 上限10万円(7万円)~ 50万円(30万円)

OJT     訓練実施助成   1時間あたり800円(700円)

※( )内の数字は、大企業の額です。
※1年度1事業所あたり500万円が上限です。

<堀下のコメント>
金額を考察してみましょう。

OFF-JTの金額がアップしました。

OJTとOFF-JTを組み合わせた訓練は、3カ月~6カ月の計画をたてなくてはいけません。
6カ月間の訓練で上限は、680時間です。
OFF-JTは、訓練の10%以上の時間を行わなくてはなりません。
OJTが680時間ならば、
680時間÷90%=755.5時間≒756時間
756時間ー680時間=76時間
OFF-JTは、76時間行わなくてはなりません。

756時間×800円=544,000円

1人当たり、544,000円が支給されます。

1人   544,000円
2人  1,088,000円
3人  1,632,000円
4人  2,176,000円
5人  2,720,000円
6人  3,264,000円
7人  3,808,000円
8人  4,352,000円
9人  4,896,000円
10人  5,440,000円

1事業所500万円が上限になります。
それにしても、1人当たり約50万円が助成されるということになります。


<かかる労力について>

キャリアアップ助成金の人材育成コースは、かかる労力が非常にあります。

1 助成金センターに計画書を提出する
2 助成金センターに訓練計画「届」を提出する
3 訓練カリキュラムを作って提出する
4 就業規則に正社員転換のルールなどを定める
5 労働局の認定通知を待つ
6 那覇商工会議所・沖縄商工会議所・都島商工会議所の
  ジョブ・カードセンターにキャリアアップ面談の予約を入れる
7 訓練対象者のキャリアシートを作成する
8 ジョブ・カードセンターにキャリアシートを事前チェックしてもらう
9 対象者はジョブ・カードセンターのキャリアコンサルタントと会って、
  キャリアアップ面談を受ける
10 キャリアコンサルタントが訓練に値する人と認定する。


キャリアアップ面談が終わると、

11 OJTやOff-JTを決まった時間実施する
12 訓練受講生は、OJTの日報を毎日つけていく  

最大6カ月従業員が日報を毎日つけなければなりません。
小学生の夏休みの宿題のように、
雨が降った日に、「今日は外で元気に遊びました」みたいなことがよくあります。
タイムカードで出勤していない日の日報にに「今日の訓練はためになりました」と書いてあるのです。

タイムカードと日報の整合性がめちゃくちゃ。誤字脱字だらけ。
何の訓練なのかよくわかならい。
そんなものたたくさんあります。

ちなみに、日報がのべ何日分になるか考察してみましょう。
もし、10人で6カ月訓練したら・・・、

1カ月の出勤日数20日、
6カ月で、20日×6カ月=120日

10人だと
120日×10人=1,200日

申請する際には、タイムカードと日報の整合性を1,200日分見なくてはならないのです。

気が遠くなる作業です。

また、作成者は、アルバイトや契約社員ですので、誤りがあれば、本人に確認する必要が出てきます。会社が勝手に修正するわけにもいきません。

日報作成を含めてトレーニングですが、

もし、助成金だけが欲しいというのであれば、割に合わないとも考えられます。