沖縄助成金、労務トラブル、労務管理、就業規則作成のことなら

労務管理は負け裁判に学べ! なぜ負けたのか?どうすれば勝てたのか?

キャリアアップ助成金(時間延長)

短時間労働者の週所定労働時間延⻑コース

労働者の週所定労働時間を、25時間未満から30時間以上に延⻑し、社会保険を適⽤した場合に助成

1人当たり10万円(7.5万円)

<「多様な正社員コース」の人数と合計し、1年度1事業所当たり10人まで>


<堀下のコメント>

所定労働時間週25時間未満の社員を週30時間以上に延長することが1つの要件です。

社会保険の適用外から社会保険に適用させることが要件です。

この助成金は珍しく就業規則への規定が要りません。

<手続きの流れ>は以下の通りです。

1 キャリアアップ計画の作成・提出(週所定労働時間の延⻑を実施する1か月前までに提出)

・雇⽤保険適⽤事業所ごとに「キャリアアップ管理者」を配置するとともに、労働組合等の意⾒を聴いて「キャリアアップ計画」を作成し、管轄労働局⻑の確認を受けます。

2 週所定労働時間の延⻑を実施

・週所定労働時間を30時間以上に延⻑した際に、週所定労働時間および社会保険加入状況を明確にした「労働条件通知書」または「雇用契約書」を交付してください。

3 延⻑後6か⽉分の賃⾦を⽀給・⽀給申請

・賃⾦には時間外⼿当等も含みます。
・延⻑後6か⽉分の賃⾦を⽀払った⽇の翌⽇から起算して2か月以内に支給申請して下さい。

4 支給決定


<主な添付書類>
キャリアアップ計画書
週所定労働時間変更前と変更後の労働条件通知書
対象労働者の賃金台帳
対象労働者のタイムカード(延長前6カ月と延長後6カ月)
登記簿謄本