沖縄助成金、労務トラブル、労務管理、就業規則作成のことなら

労務管理は負け裁判に学べ! なぜ負けたのか?どうすれば勝てたのか?

労務管理リスク診断

堀下社会保険労務士事務所は、新しいサービスを提供を開始致しました。

<労務リスク診断>
労務管理全般におけるリスクについて、人間ドックを行い、その結果について、ビジュアル的に表現してレポートするサービスです。

<診断内容>
下記の5段階で診断します。
1 今回の診断の範囲では適正です。

2 財務的に影響を及ぼす可能性は低いですが、コンプライアンス上の対応が必要です。
  財務的に影響を及ぼす可能性は高くなく、また課題解決も比較的容易ですが、

3 労働基準監督署から指摘を受ける可能性が高く、対応が必要です。
  直ちに財務的に大きな影響を及ぼすことは想定されませんが、問題を放置した場合、

4 将来的に大きな影響を及ぼす可能性があり、また課題解決に時間を要するため、
  早めの対応が必要です。

5 財務的に大きな影響を及ぼすことが想定され、また問題解決の難易度が高く、
  早急に対応が必要です。
romu_shindan_sample15.jpg
<診断カテゴリー>
1 募集・採用・試用期間
2 労働時間・休憩・休日
3 年次有給休暇・その他休暇・休業
4 賃金・賞与・退職金
5 就業規則・労使協定・法定帳簿
6 人事異動
7 休職・復職
8 服務規律
9 懲戒処分
10 退職・解雇・定年(再雇用)・雇止め
11 健康・安全衛生
12 メンタルヘルス
13 育児・介護休業
14 ハラスメント
15 労働保険・社会保険
16 特定労働者層
17 その他リスク管理


<費用>
35万円(税別)

<ただし、下記の全てに該当する企業は、無料>
・一定金額の顧問料をお支払いいただいている企業
・50人以上の従業員を雇用する企業