沖縄助成金、労務トラブル、労務管理、就業規則作成のことなら

「人事・労務」の実務がまるごとわかる本

【労働生産性UP対策セミナー】 2018.06.20 主催 堀下事務所

2018.06.20 『労働生産性UP対策セミナー』が終了致しました。
セミナー終了後のお客様の声をまとめてみました。(一部を抜粋)


①「内容」で一番印象に残ったのは、どの部分でしたか?
  ・生産性を上げる具体策、労働生産性をいくらにすべきか
   後半部分はとてもわかりやすく印象に残りました。
  ・生産性が低い企業の特徴の項目で「人に仕事がついている」という言葉。
   どの職種にもあてはまると感じた。
  ・サイゼリアの話、参考になりました。
  ・改善と革新と実例を踏まえた解説はとてもためになりました。
  ・「人に仕事が付いている」が、まさに今、できる人ばかり仕事量が
   多くなる傾向にあるので、耳が痛かったです。
  ・付加価値、労働生産性といっても算出する計算方法が各省・日銀で異なる
   ことに驚いた。
  ・労働生産性×労働分配率=人件費(一人当たり)
  ・自社、部署内での労働生産性の負のスパイラル面を考えさせられた。
   改善策を提案、実行していけるようにしていきたい。
  ・生産性の話もとても参考になりましたが、一番なるほどと思い印象に
   残っているのは平均値と中央値の話でした。

②今後に活かせると思ったところはどこですか?
  ・生産性を確認するための算式を学ぶことができましたので、
   数値として把握するところから始めてみます。
  ・仮説と検証を繰り返す。現状業務のみえる化。「革新」にあてる時間を作る。
  ・各指標との比較分析。
  ・自社の指標に置き換えてベンチマークを作る。
  ・それぞれの部門で、業務内容を見直して仕事の仕組みを変える事
   上からではなく、現場で決めさせること。
  ・すべて。いろいろな計算の仕方があって活かせると思った。
  ・「分析」自社で労働生産性、労働分配率、一人あたり人件費など
   データ化してみたい。データ化して活かしていきたい。
  ・仕事に対する明確な数字ないし目標、お客様に対しての対応
   会社の仲間とのコミュニケーションを活かせるようにしたい。

③全体的な感想があれば自由にどうぞ
  ・細かく、わかりやすくセミナーしていただきありがとうございます。
  ・改めて「労働生産性」について深く考えることのできるいい機会となりました。
   今後の自分自身の事務所経営と顧問先企業への支援に役立てていきたいと思います。
   本日は大変勉強になりました。ありがとうございました。
  ・わかりやすく良かったです!
  ・まずは無駄な省ける事や物がないか検証していきたいです。
  ・2部の話の内容、よかったです。
  ・自分とリンクする部分があり、聞きやすかった。
  ・働き方改革でも労働生産性の向上は急務とされている。
   日本の生産性は低いのではないか。
  ・有益な内容がたくさんありました。受講できてよかったです。
  ・指標の見方について、宮庁によって異なる事がわかりました。
  ・次回の研修にもぜひ参加し、さらに深く理解したい。
  ・登場方法が革新的で良かった。
  ・話が全体的におもしろかったです。
  ・生産性が高い会社についても具体的にどうしてるのか聞きたかった。
  ・分析の重要性を改めて感じました。

お忙しい時間の中、お声を残して頂きありがとうございました。