沖縄助成金、労務トラブル、労務管理、就業規則作成のことなら

「人事・労務」の実務がまるごとわかる本

【待ったなし!!働き方改革セミナー】 2018.07.30 & 2018.08.29 主催 堀下事務所

2018.07.30、2018.08.29 の2回行われた
【待ったなし!!「働き方改革関連法案」可決・成立】セミナーが終了致しました。

セミナー終了後の受講者の声をまとめてみました。(一部を抜粋)

①本日の感想をお願いします。
   ・参加して良かったです。これからも参加していきたいと思います。
   ・残業に関すること、わかりやすかったです。
   ・重要なポイントがわかりやすかったです。
   ・スピード感があってわかりやすく、あっ!という間でした。
   ・即、対応しなければいけないものと、期間的に余裕のある項目に仕分けして
    今後の対応について勉強になりました。
   ・勉強になりました!会場の場所もよく、話が聞きやすかったです。
   ・今回の法改正でやるべき事がよく理解出来ました。
   ・今でも人材確保が難しいなか、月60時間を超える残業がクリアーできるのか
    時間管理が難しくなる。。と感じた。
   ・とても勉強になりました。いつも堀下先生のトークがわかりやすくていい!
    堀下事務所で働きたい!って思いました。
   ・詳しい説明ありがとうございました。
   ・2~3年前より改善しないといけないなと思っていた事が法律義務になる事で
    本格的にやらないといけないと改めて思いました。
   ・やっぱり、セミナーに参加して良かった。
   ・36協定について、もう少し詳しく聞きたい!
   ・新規採用、定着の為にも雇用環境の改善が必要であり、それをアピール
    する事が新規の雇用にもつながると感じました。
    今まで、社員数も少なく「なぁなぁ」になっている点が多くありましたが、
    改善していかなければならないと思いました。


②「内容」で一番印象に残ったのは、どの部分でしたか?
   ・年次有給休暇消化日数が多いのは、生産性の低下と考えていたので、
    とても勉強になりました。
   ・年次有給休暇の義務
   ・全部!!
   ・残業の上限規制、5日の年休取得の義務付け、同一労働・同一賃金
   ・得に年休制度の説明と、36協定の特別条項の部分です。80時間超の残業で
    実際に労災認定された実例を聞いて、来年からより残業の規制を会社でやらないといけない
    と、危機感を持ちました。
   ・労働時間法制の見直しが一番印象に残りました。
   ・職場の管理職の意識改革で『ムダな会議を無くす』
   ・「総務の人は難しくなる。。」という言葉が印象的でした。
   ・残業時間の上限規制、年次有給休暇の取得
   ・離職率の低下、人材確保につながる事
   ・見直しの内容がわかりやすかった。
   ・採用率の上げ方
   ・生産性の考え方
   

お忙しい時間の中、お声を残して頂きありがとうございました。