沖縄助成金、労務トラブル、労務管理、就業規則作成のことなら

労務管理は負け裁判に学べ! なぜ負けたのか?どうすれば勝てたのか?

労務管理セミナーQ&A(2013.05.21)

労務管理セミナーQ&A(H25.05.21)


H25.05.21労務管理セミナーでのお悩み相談Q&Aで、時間の都合上お答えできなかったものをweb上で回答します。


Q.残業したがり(時間内は余裕がある)の社員がいるがどうすれば良いか。

残業は命令して行わせるものです。時間内に余裕があるのであるならば、残業を禁止してください。残業禁止命令書という命令書を交付する方法もあります。最も良い方法は、残業を申請及び許可制とすることです。残業許可申請書によって事前に許可された残業しか認めないとすることがよいです。無視して残業した場合には、懲戒処分してください。黙認することが一番よくありません。


Q.勤務時間内に業務に関係のないPC操作(インターネット、ゲーム)で口頭注意(二回)をしているが、次は顛末書をとろうと考えているが、よいか。

良いです。さらに良い方法は、顛末書ではなく、懲戒処分としての始末書を交付することです。顛末書は、単なる報告書ですが、始末書は、懲戒処分としての性格を持ちますし、次回同様なことがおこった場合に関しても言及することができます。警告書という文書を交付することも有効です。


Q.ニート社員(仕事がない社員)についてどう思われますか?本人が悪いのでしょうか?上司が悪いのでしょうか?意見をお聞かせ下さい。

ニート社員(仕事がない社員)の定義がご質問ではよく分かりませんが、この定義が、社内で仕事があまりなく、仕事中にブラブラしている社員とすると次のように考えます。これは、上司が悪いです。雇用契約があれば、使用従属関係があり、部下は上司の命令に従わなければなりません。上司はどしどし命令をすべきです。命令を聞かなければ懲戒処分を下して命令を聞かせるようにする必要があります。もし、それでもダラダラしているのであれば、本人が悪いと考えます。


Q.少人数なのに人間関係がよくありません。どうしたら皆仲良くできますか?

人間関係をよくするような施策を愚直に一つ一つ実行していってください。例えば、学生時代には、運動会や文化祭、修学旅行など様々なイベントがありましたよね。学生の本分は勉強です。しかし、イベントを通して様々な学習をします。会社も同じではないでしょうか。社員の本文は仕事ですが、様々なイベントを通して学習し、同僚とのコミニュケーションを図ることができるのではないでしょうか。三井物産では、一度廃止した社員寮を復活させていますし、運動会を復活させた会社もあります。様々な場面で非公式なコミニュケーションの場を作ることが肝要です。

Q.上司と合わない、老後の不安

まずは、上司に話しかけてみましょう。変えることができるのは、自分と未来だけです。まずは、自分でできることをやってみましょう。部下は上司を選ぶことはできません。どうしても合わないのであれば、異動になるまで待つか、会社を変えることを検討してみましょう。
多くの人が老後に不安を抱えています。難しい問題も分解すれば、簡単だ!をテーマに、不安要素を分解して不安を取り除きましょう。金銭か、健康か、家族か、何なのか、一つ一つクリアにしましょう。


Q.建築関係ですが、年間通して仕事がありません。

仕事をとってきてください。それができないなら業態変更するか、廃業してください。強いものではなく、変化に対応できるものが生き残るのです。


Q.パートの労働時間と各種保険

労災保険は少しでも働いたら加入です。雇用保険は週20時間以上、社会保険は週30時間以上働いたら加入の義務が発生します。

Q.自分勝手な社員がいる。何度、注意しても聞き入れてくれない。

文書にて懲戒処分を下してください。譴責処分書です。就業規則の業務命令に従わないときという条項に違反していることを文書にて示してください。文書により注意指導してください。一度のみならず、都度懲戒処分を下してください。だんだんと処分を重くしていき、それでもなおらない場合には厳罰を下してください。


Q.役員間での話し合いだけで賃金規程(就業規則)が変わります。就業規則の変更の手続きが必要だと思いますが、法的には大丈夫ですか。

法的に問題があります。就業規則の届出には、過半数労働組合がある場合には労働組合、労働組合がない場合には、過半数労働者の代表の意見を聴く必要があります。さらに、労働者への不利益な変更が行われる場合には、同意または正当な理由が必要となります。


Q.年度末になると残業が多くなるが、どうすれば少なくなるのでしょうか。以前にノー残業デーを設けた事がありますが、効果なしでした。

ひとつの方法に年間変形労働時間制の導入が挙げられます。そもそも、なぜ年度末に残業が多くなるか考えてください。業務量が多くなれば、必要となる労働力も増加するはずです。それであれば、残業または別の労働力でカバー、または機械化、IT化などが考えられるでしょう。気合いだけで乗り切るのではなく、原因を分析してください。


Q.性格がきちんとしすぎて納得いく書類を作成するにあたり毎日一人遅くまで残業している社員、その残業を全部認めていいのでしょうか?かと言って「やるな」とは言えないのですが・・・。宜しくお願いします。

残業を認めたくないのであれば、残業を禁止して下さい。なぜ、残業ややるなといえないのですか?それは、あなたが管理者としての業務を放棄しているといえます。自分で納得いく書類かどうかは関係ありません。必要な書類を作ることが必要なのです。会社は時間で賃金を支払っています。会社があるいはお客様が納得する書類を作ることを者留められているのです。独りよがりの仕事を決して許してはいけません。これを許すから甘えが蔓延するのです。


Q.契約社員の残業のさせ方及び、残業時間の確認の仕方。

契約社員、正社員、パート、アルバイト、どんな従業員であっても、残業を管理するのは、上司の義務です。上司がこれを行っていないのであれば、これは、上司の仕事を放棄している、管理者としての義務を履行していないです。残業は命令して行わせてください。残業の確認の仕方は、一般的にはタイムカードです。そうでなければ、業務報告書です。無駄な残業をしているのであれば、それを管理して毎日指導してください。残業申請書を作成し、残業を事前申請制にすることも一つの方法です。


Q.上司が指示をしていないが、自分たちで判断して残業をして申請をする。

自分たちの判断が正しければ、会社の方針とあっていれば、これは正当な労働です。何の問題もありません。上司が指示をしていなくても、黙示の指示をしたことと同じです。黙認です。自分たちの判断が間違っていれば、会社の方針とあっていなければ、これは、不当なものです。しかし、この場合も、上司が黙認しているのであれば、労働とみなされます。上司は正しい指示を行ってください。


Q.効率よく仕事をするためにはどんな工夫をしたら良いでしょうか。

お客様の視点に立つことが重要です。あなたの仕事がお客様の視点でどのような意味があるのかを考えることが重要です。お客様とはあなたの会社の商品やサービスを最終的に消費する方、エンドユーザーがもっとも重要なお客様です。二義的には、あなたの仕事を次に受け取る人がお客様と考えられます。例えば、総務担当者が出産手当金の申請を行う場合、従業員をお客様と考えることができます。どのようにすれば、従業員が喜ぶかということ工夫をすることが重要です。難しい申請手続きをわかりやすく説明してあげる、素早く申請してあげるなどという工夫が考えられます。


Q.飲み会に参加したくないときはどのように断ったら良いか。

二つの方法が考えられます。ひとつは、飲み会の趣旨に賛同できないことをはっきり伝えることです。もう一つは、ホワイトライです。ホワイトライとは、①善意のウソ(人助けのウソ)②悪意のないウソ(だますつもりがないウソ)です。


Q.ダイエットをしたい。食事制限をしていますがなかなか体重が減らないです。運動は苦手、どうしたらいいでしょうか。そろそろ40歳手前、20歳の時よりも結果がでません。

私もエラソーなことがいえませんね。(笑)私こそ教えてください。自分のためではなく、配偶者のため、子供のため、会社のため・・・、など他人のためと考えるとがんばれる気がします。


Q.今の職場で満足なのか分からない、今、何の職業についたらいいのか分からない。

目の前の仕事を全力投球で行ってください。全力で仕事をしてみてください。お客様にありがとうと言われてみてください。1カ月から3カ月程度、これ以上ないってくらい全力で仕事してみてください。それでも今の職場で満足がいかないのであれば、職場を変えてください。全力でやれば、何をしたくて、何をしたくないか分かります。やりたくないっことリストを書くことも、やりたいことがはっきりしてきます。


Q.メンタルヘルスの対策、事業所で窓口を準備した方がよい?外部(病院)が良いですか。おすすめは。

両方です。メンタルヘルス対策は非常に重要です。社内に窓口は準備したほうが良いです。そのうえで協力する外部の医療機関を準備してください。おすすめの医療機関はありますが、個別に聞いてください。


Q.残業、休日手当等を定めかねている。社員のモチベーションを上げる為の必要性は解るが、それに見合う十分な売り上げが未だにない。

残業、休日手当は法律で決められています。法律で決められた金額を支払うのは経営者の義務です。法律で定められた金額を支払わないのであれば、社員のモチベーションが上がるはずがありません。もし、賃金の額のことを言われているのであれば、しっかりと社員に話をして、売り上げを一緒に上げよう、そのうえで賃金をあげようと話をしてください。賃金は業界または生活に必要なある一定の額は必要です。それが賃金水準が達成できない状態が長く続くのであれば、経営者としての能力不足と言えます。売り上げが上がらないのは、経営者の能力不足が原因です。経営者はヒトモノカネの経営資源を最適化する権利と義務があります。社員が原因ではありません。十分な売り上げを達成する義務があるのは経営者です。


Q.消費税の増加に伴って、非正規社員へのシフト(給与→外注費へ)は加速しているのでしょうか。その場合、法的にはどうですか。

消費税が非正規社員化を促しているのではありません。企業が短期的な利益を増大化する目的でコスト削減の一環で様々な要因で行っているものです。非正規社員へのシフトは、個別の企業の手法により合法の場合もあれば違法の場合もあります。一概には言えません。


Q.年下の上司が2名いるが、内1名が直属の上司です。その上司に反発したくなる。(時々、イライラするのですが・・・)素直にその上司のことを聞くにはどうしたらよいのか。

まず、年下であることを忘れてください。沖縄に限らず、日本や世界の現在の状況は年齢に関係なく様々な上司と部下の関係があります。まず、このことを認識してください。上司と部下の関係を良好にするための王道は、コミニュケーションです。コミニュケーションのの王道は話すと聴くです。まず、上司の話を傾聴してください。耳を傾けて積極的に聴いてください。しっかりと聴く姿勢を示すと相手は話をしたくなってきます。話すことよりも聴くことの方が何倍も難易度が高いのです。あなたが聴くことのスキル(これはトレーニングが必要です)を格段にアップさせれば、上司はペラペラと話をしてくるでしょう。本来は、上司が聴くことのスキルをアップさせることが重要ですが、ご質問者が部下のようですので、ここは一段上となって、あなたが、聴くスキルを磨いてみてください。これは、どこに行っても使えます。リーダーシップの逆のフォロアーシップを身につけた部下はどこに行ってもひっぱりだこです。


Q.小学2年生の息子が進んで宿題をしない。親が何も言わなくても進んで宿題をする方法を教えてください。

私も教えていただきたい(笑)親が本を読んだり、楽しく勉強している姿を見せることが重要ではないでしょうか。また、勉強をすると大人になってすごく得することを話して聞かせるとよいでしょう。


Q.事務員に対してみなし労働契約をしてもいいのか(管理者います)

みなし労働時間制を適用する範囲は、法律で厳格に定められています。専門業務型裁量労働制、企画業務型裁量労働制、事業場外のみなし労働時間制などが挙げられます。これは、職種など様々な要件が定義されています。管理監督者の残業時間の適用除外を言われているのでしょうか。詳細にご質問しなければ回答しづらいですね。


Q.シュガー社員への対応

雇用契約の権利と義務についてしっかりとレクチャーすることが重要です。社員が甘いのは、上司の責任です。会社の責任です。甘やかさないことが重要です。


Q.仕事を一生懸命するまじめな職員なんですが、真面目なあまり、ゆるい職員を許す心のゆとりがありません。いろんな立場・環境にいる事を理解してもらうにはどうすればいいのでしょうか。(その人は現場の主任です。)

2・6・2の法則を教えてあげたらよいでしょう。どのような組織や集団も『優秀な人が2割、普通の人が6割、パッとしない人が2割』という法則です。アリの世界でも、どのように集団をつくっても、働きアリの集団には常に働かないアリが2割いることを北海道大学大学院准長谷川准教授らが発見しました。パッとしない人を除いてチーム編成しても、2・6・2の法則が働き、やはり組織や集団に貢献しない2割の人が生まれる傾向があります。アリさんのお話をしてあげたらよいかもしれません。


Q.老後がとても心配です。お金の面で今何をするべき?

不安を分解することが重要です。お金の面も分解してみましょう。収入を増やし、支出を減らすことに分解されます。収入を増やすには、一生懸命仕事をすることが一つ挙げられます。また、資産運用について真剣に学習することが重要です。給料を単純に銀行に預金していることが一般的でしょう。それを見直してみることも方法の一つです。日本円は半年ほどでドルに対して30%程度円安になりました。70万円分ドルを保有していれば、100万円分のドルになっています。半年ほどで日経平均は8,000円から15,000円になりました。80万円分日経平均の株を保有していれば、150万円分の株式時価総額になっています。銀行預金だけでなく、株式、国債、公社債、外国通貨、外国株式、外国債、不動産、さまざまな資産運用を学習することも重要です。