沖縄助成金、労務トラブル、労務管理、就業規則作成のことなら

「人事・労務」の実務がまるごとわかる本

社長の右腕になるためのフォロアーシップセミナーQ&A (2014.03.19)


Q. 会社は新人に何を期待(求める)するのか。(できれば就活生も含めてくれると助かります)

A. 「素直さ」です。真白であることを会社は新人に期待しています。あいさつができる、他人に感謝することができる、そういったことを期待している会社が多いです。
 就職活動している人に、「親に感謝していますか?」という質問でどのように回答するかがひとつのヒントと言えます。



Q. 会社が多額の設備投資をし、数十年にわたって利益の望めない状況での社員のモチベーションを上げるにはどうしたら良いでしょうか?

A. 質問者が経営者か社員の方かによって回答は異なります。また、鉄道会社等インフラの会社だったり、長期的視野にたった投資かどうかによっても回答は異なります。
 「数十年にわたって利益が望めない」というのは、質問者の主観ですよね。沖縄の一般的な企業で「数十年にわたって利益が望めない」という戦略を意図的のとる会社はあまり、私は知りません。卵か鶏かの議論ですが、「数十年にわたって利益が望めない」と質問者が考えている時点で、社員のモチベーションは一般的には上がらないと思います。
 まずは、質問者自身が、「数十年にわたって利益が望めない」のが本当かどうかを検証することから始めることです。



Q. ちょうど今日の内容の事で悩んでいました!!解決です。後は行動と実践あるのみです。ありがとうございます!

A. 私も、非常に感謝します。講師がリーダーで、受講者がフォロアーとするならば、「質問」の「形」をとって、「意見」を「言う」っていうのは、高等な「技術」です。いえいえ、「本音ですよ!」と言われそうですが、こうした、「思っていること」を「上手な方法(意見を質問形式にする、質問の場所で述べる)とったことは非常にすばらしいことです。
 講師も、上司も、社長も人間です。この質問者のような感謝の表明等はいろんな場面で「技術」として役に立ちます。(私も「技術」だけではなく、「本心」で感謝していますよ)
 大事なことは、「感謝」の「気持ち」とそれを伝える「技術」です。