沖縄助成金、労務トラブル、労務管理、就業規則作成のことなら

「人事・労務」の実務がまるごとわかる本

【介護福祉】カリスマ放送作家安達元一セミナー(主催:堀下事務所)3/2開催

カリスマ放送作家とのコラボ企画
介護事業セミナー
人材確保・育成と稼働率UPのための運営マネジメントセミナー


__.JPG

会場
沖縄産業支援センター
沖縄県那覇市字小禄1831番地1

<開場>
平成25年 3月2日(土)

<時間>
1部;講師;堀下和紀先生(助成金・労務問題)

2部;講師;辻川泰史

3部;講師;安達元一先生


現在の介護事業の運営には大きな課題が3つあります。


人材を選ぶ基準は有資格者であり、稼働率の向上の為の取組もスタッフ任せの状況では、 今後、益々増加してく競争に勝ち残ることは難しく、同時に介護を必要とする 利用者のニーズにも応え難くなります。

人材の確保、人材の育成、稼働率向上に共通して必要な事があります。

それは「コーポレートマインド=企業理念」の構築です。
単に「クレド」を作成するだけでは、意味がありません。

自社が何故、存在しているか?何を目指しているのか?
どういった価値観があるのか?
何を大切にしているのか?
という事を明確にし、周知し認識してもらう事が重要です。

それが「軸」になります。

その軸があるからこそ、「人材の確保」「人材の育成」「稼働率UP」の取組が行えるのです。

コーポレートマインドの構築を行う為のワーク、そして実際の事例、人材確保、育成のための取組方法、など
今まで、私自身が実際に自社で取り組んできたこと、
コンサルティングを通して実践してきたことをお伝えしたいと思い、このセミナーを開催しました。

また、「SMAP×SMAP」「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」「とんねるずのみなさんのおかげでした」「踊るさんま御殿」などでお馴染み、私の友人である「視聴率200%男」放送作家の安達元一先生がこのセミナーには講師として協力頂けます。

放送作家として、番組を企画する為の手法は、介護事業のサービス、スタッフ育成などにも大きなヒントとなります。

事業所を経営していく上で大きな刺激になります。

IMG_6755_small1(1).JPG  IMG_6758_small1.JPG