沖縄助成金、労務トラブル、労務管理、就業規則作成のことなら

「人事・労務」の実務がまるごとわかる本

会社を守る就業規則セミナー(主催:宮古島商工会議所)9/19開催

労基署・問題社員対応のための会社を守る就業規則セミナー


急増する労働基準監督署調査と問題社員からの残業代請求、弁護士からの不当解雇の内容証明、労働組合からの団体交渉の申し入れ等に頭を悩まされる企業が増えています。

就業規則が古いままになっていることで会社に多くの不利益になっている場合があります。

本セミナーでは、就業規則を整備することによりこうした問題に対応するポイントを解説致しました。

20130919_miyakojima.gif◇日時  平成25年9月19日(木)13:30~16:30(休憩含む)

◇場所  宮古島商工会議所 会議室(琉球銀行ビル3階)

◇講師  社会保険労務士 堀下 和紀

◇内容

 ①未払い残業代問題の現状

 ②不当解雇問題の現状

 ③労働基準監督署監査と是正勧告とは?

 ④弁護士からの内容証明とは?

 ⑤ユニオン・労働組合の団体交渉とは?

 ⑥労働基準違反の実例と課題は?

 ⑦雇用契約・懲戒処分とは?

 ⑧就業規則作成のポイントは?

 ⑨問題社員にケジメを付けさせるポイントは?

 ⑩残業代を合法化する就業規則見直しのツボは?

 ⑪今のままでは危険な就業規則とは?

 ⑫会社を守る就業規則とは?

宮古新聞_small1(1).jpg 宮古新報で紹介されました。
IMG_8683_small1.JPG IMG_8701_small1.JPG