沖縄助成金、労務トラブル、労務管理、就業規則作成のことなら

「人事・労務」の実務がまるごとわかる本

未払い残業代請求と会社の守り方セミナー(主催:堀下事務所)4/3開催

訴訟リスクをダウン!

リスク管理を万全にして、ダイヤモンド企業を目指す社長へ!弁護士と社労士が解説!
未払い残業代請求と会社の守り方セミナー


沖縄県内で弁護士が関与する未払い残業代請求訴訟が増加中!


TVのCM等で過払い金返還請求を業としてきた弁護士・司法書士が企業に対する未払い残業代請求を行う例が東京 や大阪を中心に増加しています。沖縄県では、労働組合(ユニオン)が不当解雇や未払い残業代等についてストライキ を行った記事が新聞1面に掲載された他、何度も新聞記事になりました。報道されていない解雇問題、未払い残業代請 求訴訟も沖縄県で増加しています。
会社側で労働問題に関する多くの訴訟に関与した弁護士渡邉直貴が、「未払い残業代」訴訟の実態を講義します。労 働裁判では準備のない会社は惨敗するため、会社が負けた裁判例を紹介し、「なぜ負けたのか?」「どうすれば勝て たのか?」を講義します。また、ダラダラ残業を防止する労働時間の法律の基礎を解説します。
数百万円クラスの沖縄県内の未払い残業代支払いの実態やその後企業がどうなったか?どのように改善をおこなっていったか等社会保険労務士堀下和紀が沖縄県の実例を数多く紹介します。
弁護士の視点による「会社の守り方」について、沖縄の実情を熟知する社労士とその具体的解決方法を講義します。


2014031901.jpg

■講演内容
・未払い残業代請求を従業員の弁護士が受託すると? 内容証明/労働審判/仮処分/裁判 労働組合/救済命令/労基署/マスコミなど・・・
・間違いだらけの労働時間と残業の法律の基礎のキソ! 負け裁判に学ぶ労働法の基礎 労働時間とは?/無許可残業/残業の黙認 残業の証拠/名ばかり管理職/固定残業手当 三菱重工事件/日本マクドナルド事件 ゴムノイナキ事件/ウィンザーホテル事件他
・タイムカードと労働時間の驚くべき関係とは? 指揮命令下とは?/就業規則の有効性/労働条件 通知書の有効性/給与明細の時間・手当項目
・どうすれば会社は勝てたのか? 就業規則の周知/労働条件通知書記載/給与明細 記入/タイムカード・出勤簿・勤怠管理
・弁護士から内容証明が届いたらどうすべきか? ・会社の守り方は?劇的にリスクをダウンさせるには?

■講師
・弁護士 渡邉 直貴
 ブレイス法律事務所(大阪市)代表。京都大学卒 業。
 得意分野は、労働問題、企業法務、倒産事件、 債権回収。著書多数。
 http://brace-law.jp


・社会保険労務士 堀下 和紀
 堀下社会保険労務士事務所(浦添市)代表。
 慶應義塾大学卒業。職員20名を抱え、労働時 間管理に奮闘中。著書多数。
 http://horishita.com


■日時:平成27年 4月3日(金) 13:30~16:00(受付 13:00)
■会場:沖縄産業支援センター 会議室 301号室 那覇市小禄1831
■定員:24名(定員になり次第締め切ります)
■受講料:1社10,000円(税込)
※2名様まで。 以降1人5,000円
※堀下事務所の顧問先は2名様無料。以降1人5,000円
■お問い合わせ先:堀下社会保険労務士事務所 098-942-5528 (担当:社長室 平良みおり)

☆参加者特典:渡邉弁護士監修「負け裁判に学ぶ判例分析表」「電子的労働時間管理規程」全員プレゼント

■申し込み方法
 添付の申し込み用紙を印刷のうえ、FAX(098-942-5528)でお申し込みください。
 お申込後、受講票と請求書を送付いたしますので、指定の銀行口座までご入金ください。

このセミナーは社長及び総務責任者向けの内容です。一般社員の方、弁護士・社労士のご参加はご遠慮ください。

【返金保証】このセミナーは返金保証します。内容にご満足いただけない場合は、受講料全額返金いたします。