沖縄助成金、労務トラブル、労務管理、就業規則作成のことなら

労務管理は負け裁判に学べ! なぜ負けたのか?どうすれば勝てたのか?

【好評!追加開催】マイナンバー対応セミナー(9/2・9/16・9/30)


ナンバーワン社労士 堀下和紀が、
マイナンバーに対応する社内の体制づくりをどのように行えばよいかを実務的、実践的にアドバイス!

【参加特典付】書式CD付
社労士 堀下和紀の実践!マイナンバー対応セミナー
実践!マイナンバー対応セミナー
「3つの参加特典と役立つ20個の書式をプレゼント!」

マイナンバーに必要な、
 1.就業規則の見直しの見本
 2.マイナンバー管理規程の見本
 3.安全管理措置のチェックリストなど20個の書式(冊子・CD形式にて)を提供し、具体的にアドバイスします。

 2015年10 月からマイナンバーの通知が開始され、2016年1月から労働保険等の手続きや源泉徴収票の発行について、従業員のマイナンバーを記載する義務が事業所に課されます。
 新設されたマイナンバー法では、事業所の情報漏えい等について4年以下の懲役・200万円以下の罰金など厳しい刑事罰(行政罰)が課されます。特定個人情報保護委員会が新設され、是正監督や指導を行ないます。労働基準監督署のような権限を持ちます。特定個人情報の漏えいについては、刑事リスクのみならず、高額な損害賠償の民事リスクがあります。一説には、1人分のマイナンバーは100万円の価値が出るとさえ言われます。情報漏えいに関する社会的信用リスクもあります。恰好のマスコミの材料になります。

【日時】
第1回:2015年9月 2日(水) 13:30~16:30
第2回:2015年9月16日(水) 13:30~16:30
第3回:2015年9月30日(水) 13:30~16:30

【内容】
内容は、6/16、7/30、8/12と原則として同じ資料・内容です。
ただし、最新情報を追加し、堀下社会保険労務士事務所の取組み・視察を追加した内容です。
セミナー後に、堀下社会保険労務士事務所の視察を追加しています。

【場所】
沖縄県卸団地商業組合 西洲卸団地ホール
(西洲2-6-6組合会館2F 堀下社会保険労務士事務所と同じ建物です)

【費用】
20,000円(税込)1社2名様まで(3名以上は1人5,000円)
(※顧問先無料。顧問先の方は必ず関係しますので、参加を強く推奨します。)

【参加定員】
各回30名(定員になり次第、締切りとさせて頂きます)
申込方法:裏面の受講申込書にご記入の上、FAXしてください
※申込書は下記PDFファイルの2枚目にあります
(受付完了後、参加票と請求書を送付させて頂きますので、指定の銀行口座までご入金ください)
※ このセミナーは経営者、総務・経理担当者が対象です。社労士及び同業者の申込みはお断りしております。

【申込方法】

《FAX》
セミナー受講申込書にご記入の上、FAXしてください。
※申込書は下記、PDFファイルの2枚目にあります
(受付完了後、参加票と請求書を送付させて頂きますので、指定の銀行口座までご入金ください)

 セミナー受講申込書
 PDFアイコン ナンバーワン社労士 堀下和紀が教えるマイナンバー社内体制づくり[PDF:671KB]

《申込フォーム》
下記、申込フォームからも『マイナンバー制度』セミナーのお申し込みは可能です。

『マイナンバー制度』対応セミナーお申込みフォーム


【セミナーカリキュラム】
1.マイナンバー制度の概要
2.人事業務への影響
3.10月5日までに準備しておくこと(取得方法等)
4.来年1月からの注意点  保管・破棄等の方法
5.税理士事務所、社会保険労務士事務所等
  外部に業務を委託している会社の対応
6.マイナンバー管理規程等の活用方法
7.堀下社会保険労務士事務所の実例
8.堀下社会保険労務士事務所の視察
 (事務所の内部を視察可能です。監視カメラ・構造)


【講師:社労士 堀下和紀】
1971年生まれ。慶應義塾大学商学部卒業。
平成16年2月に堀下社会保険労務士事務所を開業。
労務問題解決コンサルタントとして、100%経営者側の立場に立った労務コンサルティングを展開中。
著書『労務管理の基礎のキソ』『労働トラブル対応55の秘策』、『問題社員ぶった切り四十八手』(日本法令)『労務管理は負け裁判に学べ』『訴訟リスクを劇的にダウンさせる就業規則』(労働新聞社)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安全管理措置のチェックリストなど20個の書式(冊子・CD形式にて)

①マイナンバー導入スケジュール表
 会社用のひな形

②マイナンバー管理規程
 新規作成が必要です。

③就業規則の規定(服務規律、懲戒処分)、提出用書式

④マイナンバーに対応した雇用契約書のひな形

⑤従業員への案内文
 マイナンバーを提出してもらうため

⑥マイナンバーの委託承諾・使用承認および告知書
 手間をかけずに法律違反しないためのひな形

⑦マイナンバー委託契約書
 社労士事務所、税理士事務所に委託している会社は必須です。

⑧外部委託業者へのチェックリスト
 社労士事務所、税理士事務所にマイナンバーをきちんと管理させる責任が委託する会社にあります。
 チェックリストで確認しましょう。

⑨人事労務関連の文書・帳簿の法定保存期間一覧表
 従業員が退職したら、その従業員のマイナンバーを記載した書面は法定保存期間を過ぎたら破棄する義務があります。
 法定保存期間を把握しておかなければなりません。

⑩マイナンバー破棄管理表(サンプル)
 従業員が退職したら、その従業員のマイナンバーは法定保存期間を過ぎたら破棄する義務があります。管理表が必要です。

⑪マイナンバーを従業員に周知するための書式ひな形
 マイナンバーの社内体制について

⑫マイナンバー取扱業務の洗い出し表(サンプル)

⑬マイナンバー取扱担当者の誓約書
 情報漏洩しないように緊張感を持った取扱を求める

⑭マイナンバー取扱担当者退職誓約書
 情報漏洩防止のため

⑮マイナンバーが漏洩した場合の対応規程
 マイナンバー漏洩への対応と再発防止のため

⑯マイナンバー受取記録簿
 5W1Hで記録するためのひな形

⑰マイナンバー取扱担当者への定期監査チェックリスト
 担当者がルールどおりに業務を処理しているか定期的に監督する義務があります。

⑱100人以下の規模の会社の対応方法一覧
 100人規模以下の会社はマイナンバーの取扱管理が緩和されます。

⑲マイナンバーの導入費用1000万円、ランニングコスト400万円
 マイナンバーはコストがかかります。その試算表です。

⑳マイナンバー従業員教育用レジュメ
 マイナンバーを従業員に教育して安心感と具体的な指示をしなければなりません。
 そのレジメとしてパワーポイントで作成した32枚のスライドです。ひな形があると作りやすい。
 時間が節約できます。

※都合により変更することがあります。

mynaumber sunakawa.png