沖縄助成金、労務トラブル、労務管理、就業規則作成のことなら

「人事・労務」の実務がまるごとわかる本

弁護士の『訴訟リスクを劇的にダウンさせる 就業規則の考え方、作り方』セミナー(11/11)


こんな悩み・疑問にお答えします!!

●就業規則の作り方の根本を知りたい!
●パワハラを撲滅させるための規則が欲しい!
●ムダな残業代は払いたくない!
●バイトテロから会社を守る規則が欲しい!
●退職した社員の情報漏洩や競業を防止したい!
●能力不足の社員をどうにかしたい!

★弁護士と社労士はどう使えばいいの?
★腕のいい弁護士と社労士の見分け方は?
★弁護士の報酬って?
★裁判になったら?

『訴訟リスクを劇的にダウンする就業規則の考え方、作り方。』(労働新聞社 2015年6月22日発売。増刷)を記念して、著者の弁護士渡邉 直貴と社会保険労務士堀下 和紀が、実務のレクチャーを行ないます。


 第1部・・・弁護士 渡邉 直貴(1時間45分)

■訴訟リスクを劇的にダウンさせる就業規則とは?
■就業規則を具体的にどうすればいいのか?
■指導教育規程と懲戒処分無効訴訟
■パワハラ防止規程とパワハラ・セクハラ訴訟
■固定残業手当規程と未払残業代訴訟
■SNS利用管理規程とネット書込の差し止め訴訟
■競業避止義務規程と仮処分
★弁護士・社労士の使い方・見分け方・報酬・裁判の見通し


    第2部・・・社会保険労務士 堀下 和紀(15分)

■沖縄の労働裁判・労基署の実際とその対策

  終了後、個別無料相談に時間が許す限り応じます。


<講師>
弁護士 渡邉 直貴
1977年大阪生まれ。ブレイス法律事務所(大阪市)所長。 京都大学法学部卒業。専門は、労働事件、債権回収、遺言・相続(事業継承)、企業法務全般。労働問題は、企業防衛のために大阪・東京・沖縄と全国の訴訟案件・団体交渉を手掛ける全国でも数少ない会社側の労働事件の辣腕弁護士。著書4刷

社会保険労務士 堀下 和紀
1971年福岡生まれ。堀下社会保険労務士事務所(浦添市)代表。慶應義塾大学商学部卒業。労働問題専門。県内顧問先200社。著書5冊。


日時:2015年11月11日(水) 16:00~18:00
場所:沖縄県卸団地商業組合 西洲卸団地ホール(西洲2-6-6 堀下事務所と同じ建物)
費用:5,400円(税込)(※ 顧問先無料。)※10種類の就業規則の規程のひな形を提供します。
定員:50名(定員になり次第、締切りとさせて頂きます)
無料相談:セミナー終了後、弁護士渡邉直貴・弁護士木岡昌裕・社労士堀下和紀が隣の堀下事務所で無料  
     相談に応じます。必要な方は、TELにて事前申し込み、又は当日申し出てください。