税理士 大城 逸子

2020.01.07

税理士 大城 逸子

「堀下先生なら、なんとかしてくれる」そう顧問先の社長に思っていただいているのが堀下先生の強みだと思います。課題が高度になればなるほど堀下先生の強みが発揮されるのではないでしょうか?

例えば、企業再編やM&Aの案件で、会計、税務、法務、労務が複雑に絡む案件で税理士、弁護士、社労士などが連携しなければならない場面でも一般の社会保険労務士の知識の範疇を超えていたとしても理解していただけます。複雑な案件をシンプルに整理し、解決策を示されます。

同時に、堀下先生は、「お客様に寄り添う」ことをすごく大事にされていることを感じます。論理的で一見すると冷たそうに見えるかもしれませんが、そんなことは全くなく、熱く熱くお客様のために全力を尽くしていただけます。

堀下事務所の強みは、堀下先生の理念がしっかりと職員の皆さんに浸透していることだと思います。堀下事務所は、企業規模の大きな会社が顧問先に多いですが、職員の皆さんが単なる手続き論に陥ることなく、「お客様のためになるにはどうしたらいいか」を常に意識されていることを感じます。スピードと正確性は当然のことですが、事務処理を単なる事務処理ではなく、顧問先の企業の職場環境がどうすればいいかを常に考えて行動されています。

現状がどうであれ、コンプライアンスを万全にしたい企業には最適の事務所だと思います。