Tips & Hints お役立ち情報

労務管理

2020.10.23

最近よく耳にする、環境型セクハラって?

tag:
セクハラ
環境型セクハラとは、どのようなセクハラですか?

 「環境型セクハラ」とは、労働者の意に反する性的な言動により、労働者の就業環境が不快なものとなったため、能力の発揮に重大な悪影響が生じるなど、その労働者が就業する上で看過できない程度の支障が生じることです。

その状況は多様ですが、典型的な例として、次のようなものがあります。

①事業所内において、上司が労働者の腰や胸などに度々触ったため、その労働者が苦痛に感じて、その就業意識が低下していること。

②同僚が取引先において、労働者に関する性的な内容の情報を、意図的かつ継続的に流布したため、その労働者が苦痛に感じて、仕事が手につかないこと

③労働者が抗議しているにもかかわらず、事業所内にヌードポスターを掲示しているため、その労働者が苦痛に感じて、業務に専念できなくなること。

セクハラにあたるか、あたらないか、どのような基準で判断しますか。

セクシュアルハラスメントの状況は多様であり、判断に当たり個別の状況を斟酌する必要があります。また、「労働者の意に反する性的な言動」および「就業環境を害される」の判断に当たっては、 労働者の主観を重視しつつも、事業主の防止のための措置義務の対象となることを考えると一定の客観性が必要です。

セクハラの行為者とセクハラの被害者では、お互いの主観が大きく入り込んでいる場合があるので気を付けましょう。

Aさんは、コミュニケ―ションの一環で発した言動でも、受け手であるBさんからすると不快に感じることがあるからです。

 

また、セクハラにおいて、男性社員が「行為者」、女性社員が「被害者」となるケースだけではありません。
女性から男性へ、男性から男性へ、女性から女性へと、あらゆるケースにおいて、セクハラに該当する可能性があることを理解しておきましょう。

以下、セクハラの判断基準を示します。

★一般的には、意に反する身体的接触によって、被害者が強い精神的苦痛を受けた場合には、一回でも就業環境を害することとなり得る

★継続性または繰り返しが要件となるものであっても、「明確に抗議しているにも関わらず放置された状態」または「心身に重大な影響を受けていることが明らかな場合」には、就業環境が害されていると判断し得る。

★男女の認識の違いにより生じている面があることを考慮すると、被害を受けた労働者が女性である場合には「平均的な女性労働者の感じ方」を基準とし、被害を受けた労働者が男性である場合には、「平均的な男性労働者の感じ方」を基準とすることが妥当です 。

ちなみに……

人事・労務のパートナーとして、
最高の事務所を選択しませんか?

私たちは相談対応やアウトソーシングなどの
形の見えないサービスを提供しています。
それは必ずや報酬以上の
価値があるものと自負しています。
興味をお持ちの方は、
お気軽にお問い合わせ下さい。