Customer voice お客様の声

ゆいゆい内科クリニック

https://www.yuiyuinaika.jp/

担当者

ゆいゆい内科クリニック

マネージャー 安谷屋 和子 様

社会保険労務士にお願いしようと思ったきっかけ
開業時に別の労務士事務所でやり取りをしていたのですが、当院が労務士業務の契約をケチったために、一番簡易的な契約をしてしまいました。しかしながら、開業前後と職員の採用における労務手続きが立て込んでいき、労務士さんに問い合わせても対応が後手後手になり悩んでいたところ、顧問契約をしている税理士さんから紹介してもらいました。
社会保険労務士が多くいる中で、なぜ「社会保険労務士法人堀下&パートナーズ」を選んで頂けたのでしょうか?
クリニックを開業するまでが勤務医だったために、人事におけるキャリアや覚悟がないまま人を雇用していました。労働基準法の常識がなく従業員の言われるままの勤務スタイルになっていきました。悩んだ末に堀下&パートナーズさんに相談し、トラブルを解決できたことは、当院にとってターニングポイントでした。今後も引き続きよろしくお願いします。
社会保険労務士法人堀下&パートナーズとは、実際どのようなことでお付き合いしていますか?
毎月の給与計算、社会保険の手続き、助成金の相談や福利厚生の相談など幅広くお願いしています。
社会保険労務士法人堀下&パートナーズを選んで良かったことは何でしょうか?
医者は開業するまで経営のことについて相談する人がなかなかいない職業だと感じています。貴社は、ちょっとした疑問から労働基準法に基づいた見解など、何でも頼れる存在です。
社会保険労務士法人堀下&パートナーズについて、印象をお教えください。
代表の個性的なキャラクターと、その考え方や働き方に同調した社員さんが、色とりどりの色を見せてくれます。頼れる存在です。
社会保険労務士法人堀下&パートナーズの強みはなんですか。
グループ制で対応してもらえるので、よくやり取りをする方が不在時でもすぐに対応してもらえますし。デジタル化が進んでいるので、どの方が対応されても情報が共有されているので、やり取りのロスがないところが強みです。
社会保険労務士法人堀下&パートナーズとの出来事で印象に残っていることはなんですか。
開業初期の事です。労務トラブルで相談をした時です。最悪の場合として、職員が全員辞めても、夫婦二人からでやり直そうと腹を括る覚悟をもらいました。労働契約を無視する職員に対して、毅然とした態度で向き合うことによりトラブルを乗り越えることができました。あの時、堀下先生に背中を押してもらえたと勝手に思っています。それからは、小さな職員のトラブルが起きても、動じずに対応できています。ありがとうございます。
社会保険労務士法人堀下&パートナーズに期待していることはなんですか。
おつきあいをさせていただいて、短くない月日が経ちました。過去に担当していただいた職員のかたが、結婚しましたとか、出産しましたとか、復帰しましたなど、耳に入るととても嬉しいです。企業としての成長も目を見張る物がありますが、職員のかたのライフステージの成長を聞いては当院の職員のように嬉しく思います(おこがましくて申し訳ありません)。むしろ、貴社に愛想を尽かされないクリニックであるために頑張りたいと思います。
社会保険労務士法人堀下&パートナーズは、例えるならどのような存在ですか。
素人の素朴な質問に対し、マニュアル通りではない、個々の対応を取ってくれます。きっと職員の皆さんが日々学び続ける姿勢を持っているからだと感じています。言うなればドラえもんのポケットを懐に忍ばせているような安心感があります。
社会保険労務士法人堀下&パートナーズのスタッフに対する印象を教えてください。
他業種からの採用も積極的に行っているためか、鮮やかなカラーを感じます。知的な雰囲気だったり、元気な印象だったり、様々です。オーケストラが1つの作品を奏でているような印象です。指揮者は堀下先生ですね。
社会保険労務士法人堀下&パートナーズは、御社の3年後の未来にどのような影響を与えられそうですか。
近年はコロナ禍で、医療の通知の変更や感染対策など、何かと忙しくしています。そんな中、貴社から届くメールやお便りで、世の中の働き方における採用人事などの動向や助成金の案内などを拝見できて、非常に助かっています。3年後もなくてはならない存在なのでよろしくお願いします。
最後に、ホームページをご覧の方に一言お願い致します。
労務士さんは、極端に言えば契約しなくても経営者でやれる内容ではあります。しかしながら、仕事のストレスは人との関係がほとんどで、それは自社の人事にも言えることです。この複雑なテーマを1人で抱え込むか、実績のある専門家に相談できる選択肢があるかどうかでは本業のパフォーマンスの違いは明らかです。もし、契約を悩んでいるようでしたらぜひ相談してみてください。そして、信頼できる専門家とパートナーシップが結べるよう応援しています。